妖刀村正

刀工村正の名はよく知られていて、時には正宗より有名とさえ思えます。

それは妖刀として名が高いからです。

講談「受難の村正」には、「一代の刀匠嘉左衛門村正が鍛えました刀剣には殺気がみなぎり、一度鞘を払えば血を見ねばおさまらなかったという業物」というおぞましい記述があります。

また、この講談では、村正は正宗の弟子と言う設定であり、正宗が自分の後継者を決める方法として、

面白い試験を実施します。刀の切れ味を試させるというものです。

川の流れに鍛え上げた刀身を垂直にたて、上流から藁を流します。

その藁の切れ方で刀の切れ味を計ったのでしょう。

師匠正宗の弟子の一人である貞宗の刀には、

流れてきた藁が刃について離れませんが気合いを入れるとスーと切れて流れて行きます。

一方村正の刀は、藁が吸い寄せられるようにして刃に触れるか触れないかとういところで

切れて流れて行きます。

どうやら切れ味は抜群なようです。

しかし、この村正を師匠である正宗は「切れすぎる」として採用しませんでした。

こうして後継者は貞宗に決まりました。村正はこの結果に憤慨して出奔します。

と、このように村正の切れ味の良さの印象は際立っているのでしょう。

村正は戦国の世、室町時代の伊勢国の名工でした。

武器としてきわめて優れた刀剣を造り、名を馳せていました。

この周辺の武士たちは、こぞって村正を求めたのではないと思われます。

三河国の豪族であった松平氏(後の徳川氏)の一族も村正を腰にする人がかなりいたのではないかと思います。

また、村正は徳川家にとって不吉な刀だと言う話があります。

徳川家康の祖父、清康は戦国武将として頭角を現していきますが、

天文4年家臣安部弥七郎によって殺され、その刀が村正でした。

天文14年、父広忠も近臣岩松八弥に殺されますが、

その時の刀も村正であったと聞きます。

さらに天正7年、家康の長男信康が、

信長の嫌疑によって遠州二俣城で切腹させられましたが、その介錯した刀が村正であったのです。

さらにさらに関ヶ原の戦のとき、家康が敵将戸田武蔵守の首検分の時、

織田長益(有楽)の示した村正の槍で指を切ったといわれています。

このように偶然にしては多すぎるほど徳川家には村正が関係しているのです。

これも、村正に不吉な印象を与えるのに一役買っていると言えるでしょう。

このような出来事から、逆に徳川家に一矢報いたいと念じている武将たちに村正は人気があったそうです。

真田幸村は常に村正を腰にし、薩摩の島津家には村正が30数口収蔵されたとも伝えます。

また、大名家取り潰しの口実にもなり、悲劇も生みました。

寛永11年、長崎奉行竹中釆女正は村正を24本所持していたのが判明し、

本人は切腹、家は断絶となったのです。

時代は移り、江戸末期、

西から東海道を江戸へと向かう東征大総督有栖川宮たる仁親王の腰には村正の刀がありました。

その村正は現在、東京国立博物館に収蔵されています。

数々の講談や伝説を生んだ村正。

戦国時代に切れ味を最も求められ、時代の要求に適った作風を生み出した刀。

しかも村正の刃文は、視覚的にも切れそうな感覚で作られています。

こういった事からも当時の刀工村正は腕達者であったと思います。

時代の風潮が変わると、無念にも村正は妖刀の汚名をうけることになりました。

それゆえ村正を所蔵するのは苦労したはずです。

江戸時代、村正を所蔵している人の中で、苦肉の策として、

村正の銘の「村」を消して、正の下に「宗」の字を加え、「正宗」と改ざんしたという

話を聞いた事があります。

変転する時代の中で、刀を維持することの大変さを認識した瞬間でした。