刀剣買取の流れについて

刀剣の愛好家にとっても、相続などで刀剣を手にしてしまった方にも気になるのは刀剣売買の流れではありませんか?
最近では、店舗に出向かなくてもいい仕組みなども構築されており、以前よりも見えやすい形での売買が増えました。
しかし、その分流れも複雑化しているのも事実です。
そこで、ここでは刀剣の売買についてそれぞれのメリット・デメリットについて詳しくみていきたいと思います。

刀剣買取をする前に確認しておくこと

日本刀を売ったり買ったりする際に、顧客側は特に資格や免許類は必要ありません。
しかし、刀側には必要な書類があり、これがない場合は違法な取り引きになることを覚えておきましょう。
絶対に必要な書類は「登録証」といって、刀の戸籍のようなものです。
長さや種類について書かれているものなので、これの有無をしっかり確認しましょう。
また刀剣の「鑑定書」の有無も確認します。これについては、なければ売買できないというものでなく、刀の銘や時代や作者、本物かどうかの鑑定をした証ですので高額査定のポイントになります。
もし、「鑑定書」が付属している場合、必ず添付しましょう。
最後に、錆・傷・付属品の有無など刀剣の状態についても確認しておきます。
トラブル防止のため、予め写真をとっておくのもおすすめですね。

買取方法を決めよう

交換会委託などの方法もありますが、ここでは買い取りに特化したメジャーな方法についてお伝えしてまいります。

店舗買取
買取方法:刀買い取り専門店や、古美術商など日本刀の買い取りを行っている店舗に直接持っていく方法です。
メリット:その場で鑑定して価格を提示してもらえる。
デメリット:日本刀を運ばなければならない、買い取り価格に納得できない場合は持って帰るのが面倒。

宅配買取
買取方法:インターネットや電話で申し込み、刀剣を郵送し鑑定してもらうシステムです。
メリット:最近は無料の宅配キットを返送するだけで、全国どこでも同じサービスが受けられる。
デメリット:いまどきはめったにないが、郵送時の紛失や破損の可能性も。

訪問
買取方法:買い取りを行っている店舗などに連絡をとり、自宅へ来てもらって鑑定してもらう方法です。
メリット:刀を持ち歩くリスクがない、近くに買い取りをしているところがない方でも手軽に依頼できる。
デメリット:家を知られてしまうというリスクや、せっかく出向いてもらったからと多少不満があっても断りにくいケースもあり。

オークションでの買取
買取方法:ヤフオクでも刀剣売買は行われています。通常のオークションと変わらないルールで、売買が行われています。
メリット:希望する価格で日本刀を売買できる可能性がある。家にいながら全国の売買をチェックすることができるシステム。
デメリット:写真を撮ったり解説を書く必要があるので、ある程度刀の知識のある人でないと厳しい。いたずら入札も多く、オークション詐欺など、トラブルに巻き込まれる可能性も高い。相手方が見えないので、どういった人物に落札されるかわからない。

理想的な刀剣売買は?

ご自分の現在の状況によって来店、訪問、出張などを選んで、負担のないよう売買することが大事です。
オークションなどでは高額買取の場合もありますが、トラブルの種も他の方法よりも高いことを知っておきましょう。
刀剣の査定は難しく、しっかり鑑定できるプロの鑑定士に相談するのが最良の方法といえるでしょう。
銘の真偽や状態など細かい部分までしっかりと鑑定してもらった上で納得がいく売買をするのが、理想的な形です。