良質な刀剣宅配買取業者の選別方法

以前の記事でも書きましたが、
インターネットを利用して全国刀剣買取センターというホームページを発見し、宅配買取なるものを利用してみました。

始めは少し不安でしたが、やり取りを進めていくうちに、
店主の誠意と刀への強い愛情を感じ、
結果として安心して取引できました。
また、買取金額も、充分に満足出来るものでした。
実際に何社か検討していたのですが、電話での対応も一番良かったと思います。

刀を宅配するという事なので、運悪く悪質な業者にでも頼んでしまったなら、極端な場合そのまま行方不明、なんてことになりはしないかと不安が残ります。
そこで、ホームページを利用した刀の宅配買取にて、
安心できる刀剣買取業者の選別方法を紹介させて頂きたいと思います。

1.ホームページに顔と名前が載っているかどうか

日本刀はそれなりに高価なものです。国宝でもある美術品を扱うにもかかわらず、店のホームページに名前を掲載していないのは実に不自然であり、論外ともいえます。まず少ないですが、
顔出しを行っていない業者は要注意でしょう。
もちろんホームページに顔を載せていないからと言って、
必ずしも悪質とは限りませんが、
考えてみれば、顔を出せない理由がありません。
以前に何かトラブルがあったため、うしろめたくて載せられないなど、
何か良くない理由があるのではないかと疑いたくなってしまいます。
もしくは、刀剣商以外にも違う商売を行っていて、
そちらの商売に差し障りが有ると言う場合も考えられます。
いずれにしても良くないでしょう。
また、ホームページに店主の名前が載っていても、
実際に問い合わせてみると、違う店員が対応したりする事は少なく有りません。社員教員が行き届いている店や規模が大きい店であれば、このようなケースがあっても差支えはないでしょうが、規模の小さい店でこのような対応だと、少し疑った方が良いかもしれません。
もしかすると刀の知識の浅い社員等に対応されてしまう場合が考えられます。

2.「高く買う」理由が書いてあるかどうか

「お持ちの刀剣、どこよりも高価買取いたします!」などと明記した買取店のホームページを見かけることがありますが、そのような謳い文句は誰だって書けてしまうものです。
「なぜ高く買取ることができるのか」などのきちんとした理由が書かれていない場合は、電話や問い合わせフォームなどで事前にしっかり確認したり、評判を聞いてみたりする事をお勧め致します。

3.買取実績が載っているかどうか

もしかするとホームページの担当者がさぼっているだけかもしれないのですが、やはり実際に刀の買取を継続しておこなっているのか、また、それできちんとお客様に満足頂いているのかを知りたいところです。
お客様へのアンケートなどを行い、それを後悔しているところは信頼感があります。
さらに、アンケートもきちんと手書きで書いているか確認する事も忘れないようにしてください。
ワードなどのデータでのみ掲載している場合は、店主が自ら入力していてもわかりませんので。

以上、これら3点でしょうか。
なお、補足するとすれば、ホームページが分かりやすいもので有るという事も考慮すると良いでしょう。
わかりやすさにこだわっていないホームページというのは、売り手の立場にたって作られていないことが多く、お客様のことを真剣に考えているとは思えないからです。こういった気配りはホームページにもあらわれると思うのです。