日本刀・刀剣の買取価格の相場とは?

「いったい日本刀の買取業者は買取価格をどうやって決めてるんだ?」時折、そんな声を聞きます。美術品として、日本の大切な文化の証としてそれ相応の値段がついているものは本当に高額ですが、分相応に購入できるものもあります。皆さんが知っているような有名所、名刀正宗などは国宝級の数千万から億に届く値段がついているものも少なくありません。しかし、重要刀剣指定書のついた白鞘拵付の刀であっても300万もあれば購入できるような刀剣もゴロゴロしている世界です。

鑑定書と需要と刀剣の価格

気になるのはどのように刀剣の値段が決められるのかですが、一応の基準というものがあります。一つは先程もでてきた作者や出来栄えによるランクです。
昔ながらのランクであり切れ味を基準にした「最上大業物、大業物、良業物、業物」、出来の良さを基準にしたランクで「最上作、上々作、上作、中上作」と分けられており、当然ランクが上がるほど価格も上がる仕組みです。作者は有名なものほど需要があり価格も上がるが、無名でも最上大業物・最上作などであればそれはもう手の届かないような価格になるんです。
その他にも日本美術刀剣保存協会が発行しているものでは、平成以前のスタンダードである貴重刀剣・特別貴重刀剣・甲種特別貴重刀剣、というものがありましたが、いろいろと事情があって現在のスタンダードである保存刀剣、特別保存刀剣、重要刀剣、特別重要刀剣の制度に切り替わりました。現在では以前の認定書では取り引きしない業者も増えているようです。この基準で言えば特別重要刀剣が一番価値があり、価格も高くなります。

しかし、価値が高くなっても世間の経済状況によって価格が上下することもあり、古いから価値があるとも限らないのです。最近では鑑定書のランクより、誰もが知っている有名な刀工の作だからと価格が上がることもあります。最近の出世株は同田貫正国和泉守兼定でしょう。これらはゲームやテレビでの影響も大きく現代の性を感じる現象です。また、美術的価値が高いと評されるものも同様です。世界各国とボーダレスになりつつあり、ネットでの取り引きや来日しての取り引きも盛んです。「Japanese Sword」と呼ばれアメリカやイギリス・フランス・ドイツには比較的簡単に輸出することができ、美術品としてのコレクターが刀剣の美しさに魅了されています。

もちろん刃こぼれや錆など状態が悪ければ価格は落ちますが、これが合戦での傷(誉れ傷)なら価値が上がることもある!ロマンが詰まった傷なら歓迎というわけです。後は、当然のことながら買い手があってこその商売なので需要と供給のバランスも大きな要因と言えます。

刀剣の相場

あくまで目安ではありますが、具体的な刀剣の価格についてみていきましょう。まずは、肥前刀の最高傑作品といわれる「肥前国河内守藤原正廣 以真鍛作之」これは江戸初期の作品で重要刀剣指定書のついた白鞘拵付の刀ですが、480万円という価格で取引されています。拵えの鍔の朝顔も未だ健全で美術品としての価値も高く、こういった価格がつくのです。これは長さが76cmの刀ですが、もし同じ状態の脇差しなら40~50%ほどの価格、短刀では50~60%ほどといったところでしょうか。特別保存刀剣の鑑定書を持つ刃文が美しい「泰龍斉宗寛造之」なら200万円ほどの価格で取引されているのを見かけます。刀で200万円なら、同じ状態の脇差しなら80から100万円、短刀であれば100から120万円というのが相場でしょう。もちろん、サビや傷の具合に加え需要も大きな決め手となりますが、クラスや刀か脇差しかといった種類による違いもあります。国宝級の刀なら1億5千万円前後と、残念ながら私が手にできるのは宝くじに当選しないと無理、と言う感じです。

相場確認は簡単になった

念のため、登録証と鑑定書は別物です。登録証は刀の戸籍みたいな存在で美術刀であることの証明です。これがないと売買はできないのでそういった意味で大切です。昭和の大戦の時代につくられた無鍛練刀や模造刀には発行されないので、これが付帯しているものはひとまず日本刀には間違いないという目安になるでしょう。

また、保管している刀剣の鑑定書の有無をチェックしておきましょう。相場の目安となるかもしれませんからね。しかし、もし特別重要刀剣であっても万々歳で高値確定であるとも言い切れないのが刀剣の相場でもあり、難しいところでもあります。似たような条件の刀剣をインターネットで確認することで、大体の価格は把握できます。しかし、人気や流行にもかなり流されるというのも知っておかねばなりません。今までは特に有名でもなく、それまではそれなりといった価格だった刀剣がヒットした映画で取り上げられた名工の作だとしたら!明日から世界中の刀剣好きだけでなく、ミーハーなコレクターを巻き込んだ上昇相場になることもあるのです。また、美術品である以上、バブル期のように経済の流れによっても価格の上下が激しいともいえる世界です。しかし、なんにせよ、本物でないと話しが始まりません。

また、オークションで相場チェックする愛好家も増えていますが、最低限、正しく登録証が付いているものかどうかはきちんと確認すべきですね。

とはいえ、

日本刀の愛好家はみんなが同じ刀を同じように好きなわけでなく、好みというものが存在します。江戸時代の刀剣に目がない方、身幅にこだわりをもつ方、現代の刀を楽しむ方などさまざまです。一般的に価値の高い刀も美しく、大いに結構!しかし、真の愛好家なら価格に捕らわれすぎず自分の好みの日本刀を愛でていくものではないか!と、刀親父は思うのです。

そのように偉そうなことを言ってはいますが、私もやはり価格が気になることもあります。オークションを覗いて気になるものがあった時や、刀の保存場所が手狭になった時はちょっと考えてしまうものです。そんな時、頭に浮かぶのは以前自分の刀を買い取ってもらいお世話になった全国刀剣買取センターさん。刀について愛のある方とのふれあいはどんな形であっても心が踊るものです。仕事が忙しい時期でも、宅配キットなら自分のペースで進めることができるので、家族に頼まずとも査定にだすことができるのも便利。愛刀を査定したい方はちらりと覗いてみてはいかがでしょうか。