刀の状態をよく確認してから買う事

名刀の中には、驚くような値段がついているものが多く、私のような者には手が出せませんが、手の届きやすい刀でも、安い買い物ではありません。

つい値の高い名刀を見てから、手頃な刀を見てしまうと、安いなあと、思って勢いで購入したくなりますが、一時の欲望に負けて買ってしまうと後悔する事が多いように思います。
というのも、手頃な価格になっている刀にはその原因があるからです。

なにより気を付けたいのは刀の状態の確認です。
そもそも買おうとしている刀が偽物でないかと疑った方が良いのではというご意見もたまに伺いますが、偽物を回避するのはそこまで難易度が高くありません。鑑定書の付いていない刀を避けるだけでもまず安心です。
心理的に見落としがちなのがこの刀の確認作業なのです。
当たり前の話ですが、刀は現代刀を除けば全て中古品です。長い年月が経っている為、傷がある可能性が高いですし深い錆が残っていたりするものです。
特にホームページなどで写真を確認した状態で店舗に購入に行く場合は要注意です。もしかしたら欠点のある部分の写真を意図的に掲載していない場合があるからです。

確実な方法は、店舗に行った際に、購入したい刀ついて悪い所はないか質問する事でしょう。その際には店舗の方がきちんと質問内容に答えているか観察することが大事です。誤魔化されてしまっては元も子もありません。

名刀でなくとも素晴らしい刀はたくさんあります。是非そのような刀を見つけ出して欲しいのです。